ブログ

カッコイイ感じでお願いします。

「 カッコイイ感じでお願いします。」と言われる事がよくある。

“カッコイイ”というほど曖昧な価値基準はない。

何を以て”カッコイイ”とするか、それは人それぞれで100人いれば100通りの”カッコイイ”が存在する。

また一般的に使う”カッコイイ”は時代や場所、また、シーン、トレンドによって変動する。

カッコイイ”ウェブサイト”もしかりで、とくにウェブサイトはプラス技術の進化のトレンドにも左右される。

ちょっと前までカッコイイとされていたテクニックもみんながやり始めたらそれは途端にそうではなくなってしまう。

では、何を以て ”カッコイイ” ”デザイン” 継続させていくのか?

それは一貫した”Style”であり、”Concept”や”Attitude”だと思う。

単なる流行を追ってるだけの一時的な”カッコイイ”はすぐに”カッコワルイ”に変わってしまう。

カッコイイデザインとはコンセプトとデザインに整合性があり、コンセプトやスタイルがビジュアルとして語られている事。

コンセプトとビジュアルに整合性があり、そこに「意味」があれば多少テクニックや表現方法が古くなったとしてもそこにはちゃんと”カッコイイ”が継続される。

資本主義社会において商業デザインとは「お洒落」や「芸術」では決してなく、「広告」や「コミュニケーション」を効果的にし、販売を促進する為のツールである。

人に言いたい事、伝えたい事ありきでデザインが存在できる。

だからクライントの「何が伝えたいのか」「何を言いたいのか」がまずあって、そこからデザインがスタートする。

キレイなデザインは重要だが、無意味に装飾する事がデザインではなく、全てのデザインには意味と理由が求められる。

一見カッコワルイデザインでも「カッコ悪くする」事に意味や意図があって、それを皆が「カッコワルイ」と評価し、そこにコミュニケーションを生み出す事ができれば、それは”デザイン”として成功であり、「カッコイイデザイン」という事になる。

“カッコイイ”デザインを生み出す為に日々是修行の毎日です。

ピックアップ記事

  1. 夫婦でオーストラリアツーリング2019 #9 「雨のグレートオーシャンロード」2…
  2. 夫婦でオーストラリアツーリング2019 #5 「3rd DAY Stack in…
  3. 夫婦でオーストラリアツーリング2019 #2 「ARRIVAL メルボルン到着!…
  4. 夫婦でオーストラリアツーリング2019 #11 「ラストラン」2019.10.2…
  5. 夫婦でオーストラリアツーリング2019 #1 「DEPARTURE 出発!!」2…

関連記事

  1. ブログ

    あなたはどれだけセンスエリートですか?

    当時僕は名古屋モード学園の夜間部に通ってたんだけど、その頃に買…

  2. ブログ

    1999-2000デジタルアートコンテスト出品作品

    過去はあまり振り返りたくないタイプなので、懐古主義みたいになってしまう…

  3. ブログ

    リアルロールプレイングゲーム

    2008年に法人にして、2009年に広尾にサテライトオフィスを…

  4. ブログ

    秋空の下で

    「不安定で未完成で壊れそうな」そんなモノ・コト・ヒトが好きだ。…

  5. ブログ

    〜夏は全てが宝物〜

    狂おしいほど好きな夏。あまりにも好きすぎて、夏になると…

  6. ブログ

    マインドトリップ

    僕は旅が好きです。旅の何が、どこが好きなんだろう?と考…

最近の記事

おすすめ記事

archives

  1. ブログ

    高志と貴嗣
  2. ブログ

    NO!と言える日本人!
  3. 1992大陸横断記

    1992年10月9日(金)晴れ「HOLY COW」
  4. ブログ

    ようこそ龍神様
  5. 1992大陸横断記

    1992年10月4日(日)晴れ「Salt Lake City -CRAZY GU…
PAGE TOP
Translate »